あなたの仕事を応援するバーチャルオフィスサービス比較まとめ

料金が安いバーチャルオフィスを見つける方法

ビジネスを始めるには、まずは事務所の費用をいかに抑えるかがポイントになります。そこで、起業したばかりの経営者としては、高いテナントを借りるのではなく、事務所の費用が安く済むバーチャルオフィスを選択することも検討に入れることがあります。

バーチャルオフィスにも各々の会社によって利用料金が異なってきます。元々、バーチャルオフィス自体の利用料金は比較的安くなっていますが、その中からさらに料金を安い会社を見つけるためには、このサイトを活用すると良いでしょう。

このサイトは、数々のバーチャルオフィス会社の利用料金を詳細に比較しています。そして、それに基づいてランキング形式で紹介していますので、とても分かりやすいように工夫がされています。また、利用料金だけでなくサービスに関しても詳細な情報を掲載していますので、料金とサービスの2つのポイントで比較するとより良いバーチャルオフィスを見つけることができます。

Karigo

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★

バーチャルオフィスを探す際には、利用条件やプランなどを簡単に比較検討できるサイトを活用することが重要です。Karigoは、様々な条件やプランを比較検討できる専門サイトとなっており、使いやすいバーチャルオフィスを探し出せます。

Karigoの場合、地域別の検索を素早く行えるように、便利な一覧を用意しています。一覧では、住所や営業時間、定休日などの情報の確認を行えます。また、提供可能プランの確認もできるため、比較検討が容易となっています。

さらに、プランの内容を理解しやすいように、標準サービスプラン一覧も確認できます。入会金や月額料金などの基本情報を比較できるので、利用しやすいプランを選択していけます。住所貸しや荷物受取、電話代行などのサービスの有無もわかるため、バーチャルオフィス探しを円滑に進めたい場合に役立ちます。

バーチャルオフィスならKarigo

バーチャルオフィスJP

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★★

バーチャルオフィスを探すためには、事前の情報収集が重要となってきます。情報収集を行いやすい専門サイトの一つに、バーチャルオフィスJPが存在しています。オフィス所在地は、住所と地図の一覧で確認することが可能です。

サービス概要やプラン比較、料金表なども用意されているため、簡単に情報の比較検討が行えます。サービス概要では、住所レンタルや郵便物転送、記帳代行サービスなどの内容をわかりやすい一覧として確認していけます。

プラン比較には、バーチャルオフィスJPの基本プランの一覧や、他社サービスと比較結果などが用意されているので、検討する際に活用できます。料金表によって、料金の詳細な内訳を比較できるため、経費削減を考慮しながらプランを選択したい場合に高い効果を発揮します。

customerPlus

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★

customerPlusは東京都内にバーチャルオフィスを構えることが出来るサービスを行っている会社です。日本橋、新宿、青山には自社所有のタワーもあり、他の箇所にもオフィスとして使える場所を構えています。サービスの内容はプラン別に異なります。

住所プランでは住所をcustomerPlus所有のビルの住所を使う事が出来たり、ミーティングを行うスペースを確保できます。電話転送プランでは、住所以外にも電話番号も使う事が可能になります。秘書代行プランでは忙しくて電話に出る事が出来ない方のために、女性秘書が電話の対応をしてくれるというサービスです。

その他のサービスも充実していて、プラン別に料金は異なります。会社登記や会社設立を行いたい人の為のサービスも行っているので、会社をこれから始めたい、何か事業を起こしたいと考えている人にとっても、とても頼もしい会社です。

サーブコープ

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★

バーチャルオフィス探しには、専門サイトであるサーブコープを活用することができます。サーブコープは、バーチャルオフィスやレンタルオフィス、貸会議室などを専門的に取り扱っており、様々な情報を簡単に比較検討することが可能です。

バーチャルオフィス探しの場合には、パッケージの比較検討ができる一覧や、世界のサービス拠点による検索などを活用していけます。電話秘書代行や貸し住所、貸会議室などが含まれたパッケージも用意されているので、オフィスの利便性を向上したい場合に使えます。

世界のサービス拠点による検索では、世界中のサービス拠点を対象に検索を行えます。地域の絞り込みもできるため、都心などにバーチャルオフィスを用意したい場合にも役立ちます。さらに、詳細情報では、アメニティやランチスポットなどの情報も比較検討できようになっています。

ワンストップビジネスセンター

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★

ITが発達することによって、誰でも簡単に会社を経営することができるようになりました。それは、オフィスがなくても仕事ができるようになったからです。パソコンを持っていれば、どこでも仕事をすることができます。

オフィスを持たないことによって、家賃が発生しないため、メリットは大きいと考えられます。ですが、会社としての住所を持ちたい場合には、ワンストップビジネスセンターのバーチャルオフィスを利用すると良いと考えられます。

ワンストップビジネスセンターのバーチャルオフィスであれば、南青山などの良い場所に会社の住所を持つことができます。しかも、月額5,000円程度から契約をすることができますので、コストを抑えることができます。

ユナイテッド・オフィス

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★

ユナイテッド・オフィスでバーチャルオフィスを持ってみてはいかがでしょうか。そうすることで、簡単に会社を立ち上げることができます。バーチャルオフィスであれば、家賃などの大きな固定費が発生しません。ですので、支出を減らすことができます。

昔は、実際にオフィスを持たなければ仕事をすることはできませんでした。それは、オフィスで製品を作ったり、書類を作成したりする必要があったからです。ですが、現在では、情報技術が発達し、オフィスがなくても仕事ができます。

パソコンとインターネットに接続できる環境があれば、どこでも仕事ができます。ですので、実際にオフィスを持つ必要がありません。ユナイテッド・オフィスでは、形式上のオフィスとしてバーチャルオフィスを持つことができ、便利です。

バーチャルオフィス利用の注意点

バーチャルオフィスは、起業を考えている方には魅力的な選択肢の一つですが、メリットのがある反面、当然、デメリットもあります。デメリットとして心得ておきたいのは、特に与信が必要な事業活動に対しては、制限が出てしまうことです。これは、複数の会社が同じ住所を使用すること考えれば、容易に想像できますが、例えば、銀行から融資を受ける際の住所としては使えない、銀行口座開設時に断られる可能性がある、ということです。
当然、規制官庁からの認可取得の住所として使う場合も、同様に申請が棄却される可能性があるので避けたほうがよいです。
そうはいっても、事業を始めるのに最低限必要な住所や電話番号、FAX番号などを低価格で利用できるバーチャルオフィスは、利便性が非常に高いので、メリットとデメリットのバランスを考慮しつつ、使用することが肝要です。


起業にお勧めのバーチャルオフィス

バブル景気の崩壊から続いてきている日本経済の低迷している状況は、少しずつですが回復してきています。特定の業種や業界など効果は限定されているものではありますが、着実にその恩恵を受けている企業などは増えてきています。
また建設業界や小売業界・飲食業界などを中心に人手不足ともなってきており、これからのさらなる回復にも期待することができます。こんな好状況をチャンスととらえてビジネスを立ち上げる起業家も増えてきています。好景気に転換してきていることなどがその理由になることでしょう。
そんな増えてきているベンチャービジネスにおいて、大きな味方となっているのが、バーチャルオフィスです。ビジネスを立ち上げた時はやはり資金力に不安があります。そこでバーチャルオフィスを活用することで費用を抑えることが出来ます。好立地な物件や設備も整っていますので、スムーズな起業に大きな味方となってくれることでしょう。


バーチャルオフィスなら都市部の住所が得られる

仕事では、自分自身のこと、会社のことなどを相手に知ってもらう必要があります。直接会うときには名刺を渡しますし、インターネットのサイトやメールなどで知ってもらう場合があります。名刺などには、社名、名前、会社の住所や電話番号などが表示されます。
興味を持ってくれた相手はその内容をしっかりと見てくれるはずです。そこからいろいろな信用情報をチェックすることもあります。この時、住所が一般的な会社とは異なるところだと違和感を持たれます。東京であれば23区内か外かで印象が変わります。23区内でも、中心部にある区と区外に面している地域では印象が変わります。住宅が多いところより、都市部の住所の方が信用を得ることができるでしょう。バーチャルオフィスなら、都市部の重傷を得ることができます。それを名刺やホームページなどに表示することができます。