あなたの仕事を応援するバーチャルオフィスサービス比較まとめ

ホーム > バーチャルオフィス情報 > バーチャルオフィスの事を知りたい方へ

バーチャルオフィスの事を知りたい方へ

バーチャルオフィスは、事務所や専用の部屋等を借りる事なく、事業所在地だけを借りる事が出来るシステムです。
郵便物を受け取りする事が出来たり、する事も可能です。
事業を始める方、それから都心で事業所所在地を持ちたい方にはとても役立ちます。
このオフィスの形は、オプションで面談スペースを確保する事が出来るシステムもあり、電話転送のシステム等があります。
バーチャルオフィスを利用する際、月に数千円から数万円程度で借りる事が出来ます。
また、バーチャルオフィスにする事で起業の際、自宅の住所を登記を避ける事が出来ます。
また、オフィスを借りる際に必要な敷金礼金を支払う事がなく、多く見ても数万円だけなので大幅に初期費用のコストを抑える事が出来ます。
また、拠点が出来る事でスムーズな取引を行う事が出来るのがメリットです。



信用のメリットがあるバーチャルオフィス

法人としては、信用問題を重視する場合があります。
時には自社をどこかの企業にアピールする事もありますが、その際には信用できる会社か否かで判断される事も多いです。
ところで信用は、地域と大きな関係があります。
中でも東京地域などに事務所を構えているか否かは、判断基準の1つになる事も多いです。
というのも法人は、立地場所で判断される事も多いからです。
郊外地域に事務所を構えているよりは、都会地域に立地している方が、信用される傾向があります。
このため信用を得たい時には、バーチャルオフィスを利用する選択肢もある訳です。
そのオフィスは、たいていは都心エリアに立地しています。
しかも利用料金も非常に低めで、賃貸オフィスを借りるよりは、遥かにコストも抑えられる傾向があります。
ですから地域で会社をアピールしたい時には、バーチャルオフィスを検討してみるのも一法です。



低めな賃料で利用できるバーチャルオフィス

新しい法人を立ち上げる時には、様々な費用は求められる事になります。
その1つとして、事務所をレンタルする費用もあります。
それでレンタルする物件によっては、かなり料金が高くなってしまう事もあります。
特に都会エリアに立地している物件は、その傾向が顕著です。
やはり利便性が優れたエリアに立地した物件は、それなりに賃料も高めに設定されているからです。
ところで賃料が気になる時には、バーチャルオフィスを検討してみるのも一法です。
なぜならそのオフィスの場合は、賃料は全般的に低めに設定されているからです。
本来都会エリアで物件を借りる時には、10万円近くを要する事も多いです。
しかしバーチャル型の事務所の場合は、10万円どころか1万円未満で借りれる場合があります。
それだけ新規開業のコストも抑えられる訳ですから、借りてみるのも一法です。

次の記事へ