あなたの仕事を応援するバーチャルオフィスサービス比較まとめ

ホーム > バーチャルオフィス情報 > バーチャルオフィスの賢い使い方

バーチャルオフィスの賢い使い方

 起業家の間でも知る人ぞ知るコンセプトだったものの、今や幅広い層に利用されているバーチャルオフィスとなってます。自宅の連絡先をビジネスに使用したくない場合、手軽にプロフェッショナルな仕事環境へのアクセス、独自でスタッフを雇わずに、秘書サービスを必要な時だけ利用したい場合と活用する理由は様々です。お客様が管理されているスタッフが自分の好きな場所でフレキシブルに作業出来る環境にいることですが、業務上のミスコミュニケーションや衝突などの多くのトラブルを招く可能性も出てきます。
 多くのバーチャルオフィスのサービスには、プリンターやファックスなどといった、オフィス設備の使用権が含まれてますので、活用すれば自宅や外部サービスでプリンターやファックスを使うコストを抑えることが出来ます。コピーや送信したファックスを希望するオフィス拠点に送ることが出来、ミーティングの直前に手渡してもらうことも可能となってます。よく中小企業や起業家にとって悩みの種になるのが電話の応対ですね。膨大な数の電話がかかってくるのに、どうやって対応すればよいのかというと、受付サービスを利用することです。パッケージに含まれるこのサービスでは、受付秘書が電話に応対し、希望する番号に転送してもらうことが出来ます。きちんとした受付サービスを利用すれば、ビジネスの信頼性もぐんとアップすること間違いなしですね。


 バーチャルオフィスで起業時のコストを抑える

 起業をするとき、少なからず資金が必要になります。十分資金を用意しているときは良いですが、ぎりぎりの状態で始める場合もあります。軌道に乗るのに時間がかかれば、その間にお金が尽きてジエンドになってしまいます。できるだけ節約をしながら運営しないと行けません。都市部で起業をするのにコストをかけずに済むのがバーチャルオフィスになります。
 レンタルオフィスは、椅子やテーブルなど物理的な場所を借りることができます。一方、バーチャルオフィスは基本的には椅子やテーブルはありません。固有の作業場を提供されるわけではありません。主なサービスは、住所の提供とオフィスサポートです。電話の取次ぎや郵便物の保管を行ってもらえます。固定の椅子やテーブルがないので、かなり安く利用ができます。時間貸の会議室であったり、ちょっとした作業スペースが利用できるところもあります。


 バーチャルオフィスのメリットとデメリット

 独立起業するときに事務所をどうするか考えなければならないのが事務所です。新規の事業内容により事務所を借りず、自宅で十分な場合があります。しかし、対外的な信頼には事務所の住所で判断される場合があります。事務所を賃借しない方法にバーチャルオフィスがあります。バーチャルオフィスとは、事務所としての役割を最低限提供してくれますサービスです。具体的には、住所、電話番号を借り、郵便物や電話を転送してくれるサービスが基本です。
 メリットは賃貸事務所に比べ低コストです。一等地に会社住所を置く事により顧客の信用度が良くなります。ですから、小さなビジネスで、規模の拡大予定がない場合は、自宅住所の代わりに会社登記する方法が選択肢になるでしょう。しかし、デメリットがあります。法人銀行口座の開設が難しいです。銀行に法人の実態が無いことで断られる場合が多いようです。同様に社会保険などの加入ができません。メリットとデメリットを十分検討しましょう。

次の記事へ