あなたの仕事を応援するバーチャルオフィスサービス比較まとめ

ホーム > バーチャルオフィス情報 > バーチャルオフィスはあくまでも仮の住所

バーチャルオフィスはあくまでも仮の住所

バーチャルオフィスはバーチャルなオフィス、つまり仮想上のオフィスということになります。
この仮想のオフィスは東京など大都会に存在していて、大都市以外にはほとんど存在していません。
その仮想のオフィスは現実に存在していますが、その実態は建物の入り口に受付と郵便ポストとそのための事務員が配置しているだけにすぎません。
肝心の契約者が作業をするための部屋やそのための事務設備はありません。
このオフィスに届いた郵便物や電話などは、配置されてる事務員が、契約者が実際に滞在している本物の事務所へ転送するなどして対応しています。
その実際に契約者が滞在していないこの仮想上のオフィスは月額料金が数千円程度と非常に安いのが特徴です。
しかし契約者がそこで事務作業などをしないために、この事務所の住所で事業としての許認可や預金口座開設など様々な契約をする場合にはほとんどが不可能になるなどの厳しい対応が待ち受けています。
そのためこの仮想なオフィスを利用する場合は、本当に滞在している事務所の住所を明記するなどしなければなりません。



バーチャルオフィスでコストを抑えて起業しよう

起業をしたいという場合、事務所を置く住所は必須となります。
必要な書類や荷物を受け取るためはもちろん、住所がない会社では信用度が大きく下がり、取引してもらえる会社も限られます。
また、ネット通販をしたい場合でも、住所を明記できない場合は始めることができません。
しかし、起業する際の軍資金が足りないと、オフィスを借りる費用はとても大きな負担となります。
自宅住所を事務所の住所とすることもできますが、自宅の住所を知られたくないという場合もあるでしょう。
そんなときに便利なのがバーチャルオフィスです。
バーチャルオフィスは、住所と電話番号などの連絡先だけをレンタルできるサービスです。
実際の事務所を借りることはできないので、作業スペースが作れるわけではありませんが、会社の住所を表示できるので通販も開始できますし信頼度も上がります。



バーチャルオフィスなら費用も格安で利用できます

バーチャルオフィスは実際にオフィスを借りるわけではなく、事業を行うために必要な住所や電話番号などをレンタルできるサービスになります。
費用も格安でこれから起業する方にとってはコストの負担が少ないので、是非上手く活用して売上アップに繋げてください。
住所も都心の有名な所が沢山ありますので、ホームページなどに会社の詳細を書く場合など、都心に住所があることをアピールポイントとして利用することができます。
意外とバーチャルオフィスの需要は高く人気の住所などはすぐに埋まってしまう傾向にありますので、できるだけ早く行動を起こして申込みの手続きを進めてください。
実際にサービスを利用している経営者たちの口コミ情報もインターネット上に数多く掲載されていますので、暇な時間を利用して口コミ情報に目を通しておくことをオススメします。

次の記事へ