あなたの仕事を応援するバーチャルオフィスサービス比較まとめ

ホーム > バーチャルオフィス情報 > バーチャルオフィスを借りるメリット

バーチャルオフィスを借りるメリット

ビジネスを始める際にテナントオフィスではなく、バーチャルオフィスを借りて行う個人事業主も多いです。
それはなぜなのかといいますと、起業仕立ての個人事業主にとってはかなりメリットがあるからです。まず、オフィスを借りる上でのコストが安く済むことができることです。テナントオフィスを借りるとならば、多額の資金が必要になります。
ですが、バーチャルオフィスならばテナントオフィスでかかる毎月の費用(具体的には家賃や光熱費、通信費、雑費、設備維持費など)が0円となります。
そして、敷金礼金も不要となります。これだけを考えてもオフィスにかかるコストを大幅に節約することができるようになります。また、取引先からの信用が得られやすいこともメリットです。
バーチャルオフィスは一等地の住所をオフィスにできるため、オフィスが一等地にあるのと自宅とでは断然一等地に住所があるオフィスの方が取引先からの信用が得られやすくなります。


バーチャルオフィスを利用するメリット

バーチャルオフィスというのは、実際にオフィスを構えるのではなく、オフィス機能だけを格安料金で借りることができるオフィスのことであります。
ここで言うオフィス機能というのは、会社の住所や電話番号やFAX番号、お客様と実際に会う場所などを言います。このオフィス形態のメリットとして挙げることは、第一にオフィス機能を格安で借りることができるということです。逆にテナントオフィスのように一から全てオフィス機能を整えるとなると多額の資金が必要になります。
ビジネスを始めたばかりではさほど売り上げがないため、テナントオフィスを借りるだけの余裕がありません。とはいっても、ビジネスをする上ではオフィス機能は絶対に必要となりますので、料金が格安のバーチャルオフィスを利用するメリットは大いにあります。第二のメリットは、ビジネスを始めるスピードがとても早いことです。テナントオフィスであれば、入居審査があったり、電話回線工事をしたり、ビジネス用品を色々揃えたりなどするので1ヶ月から2ヶ月程度かかることもあります。
しかし、バーチャルオフィスであればオフィス機能が整っているので、契約したその日から利用することができます。


バーチャルオフィスのメリットと活用

これからビジネスを始める場合や副業としてビジネスを始める場合では、拠点となるオフィスが必要になります。
あると便利ですし、副業の場合でも力の入り方が違ってきます。しかし、最初のうちは資金のゆとりがないということで、オフィスを借りたりすることができない場合もあります。無理をして借りてしまった後でビジネスがうまくいかないと撤収するにしても、うまくありません。
それで最初はバーチャルオフィスを利用しながらビジネスを軌道に乗せてゆき、そのうちに本格的なオフィスを借りるという方法もあります。また、そのままで良ければ、そのまま使うことができます。スタートアップでの拠点を確保するということでも、バーチャルオフィスはひとつの選択肢になります。メリットをよく理解して、将来の計画の出発点として利用するのに適しているのがバーチャルオフィスです。

次の記事へ