あなたの仕事を応援するバーチャルオフィスサービス比較まとめ

ホーム > バーチャルオフィス情報 > 企業するなら知っておきたいバーチャルオフィス費用

企業するなら知っておきたいバーチャルオフィス費用

 バーチャルオフィスとは、月額を支払い、住所を借りて自社の事務所の所在として利用する新しいカタチです。企業して実際にオフィスを借りるとなると莫大なコストがかかってしまいますが、バーチャルオフィスなら実際に借りることなく、自社の事務所の窓口として利用することが出来ます。もちろん郵便物も受け取れますし、電話もFAXもオプションサービスで利用することが出来ます。
 なんと言っても非常にリーズナブルなコストで、ブランド力を持つ場所に自社オフィスを構えるのと同等の機能を持つことが出来るのが、大きな魅力と言えるでしょう。
 実際、バーチャルオフィスは銀座など都心部の一等地がとても人気を集めています。ただし、複数の会社が同じ施設を利用すると、インターネットで検索した時に他の社名も出て来ますので、そこは予め認識しておきましょう。
 また、バーチャルオフィスの中には、登記OKのところと登記はお断りというところもあります。近年は登記OKのオフィスが圧倒的に多くなっていますが、契約前には確認しておきましょう。


 バーチャルオフィスの契約を検討するなら、その費用と相場は興味のあるところですよね。当然ながら日本全国の立地によって月額相場は変動しますが、東京エリアだけをざっと比較してみただけでも月額3,000円から7,000円ほどの幅があるようです。
 ただ、基本料金は低くても、オプションをあれこれ契約すると結果的に高額になってしまうケースもあるようです。電話の転送オプションなどはさほどでもありませんが、秘書代行サービスを利用したり、商談スペースを多用したりする場合には、基本料金も合わせて月額100,000円近くになってしまうケースもあります。これではマンションを借りるよりもコストが高くなってしまう恐れがありますよね。
 もちろん素晴らしい立地や豪華な内装など、他のステイタスに大きな魅力を感じることも出来ますが、事業である以上、コストは事前に綿密なシミュレーションを行っておく必要があるでしょう。


 バーチャルオフィスのメリットは、通常のオフィスの賃貸よりずっとコストが安く抑えられること、都心の一等地などブランド力のある立地に事務所を構えることが出来ることです。会社の所在が取引の信用度に関わることも少なくはありませんから、重要なポイントですよね。
 たとえ自分一人でビジネスを行っていても、本店をバーチャルオフィスにしておいて、作業は自宅にするという使い分けも出来ます。自分に必要なサービスを絞り込んで、是非有効活用したいですね。

次の記事へ